当サイトでは、トイレの水漏れ修理に関して、少しでも費用を抑えお得にするための方法を公開しています。
たとえば自分で修理できるものは自分で行えば費用はかかりません。
しかし、そのノウハウがないとできませんので、DIYで可能な方法について解説しています。
ネットで調べると、様々な修理方法を見つけることができますが、基本的な知識がないままに行うと、かえって問題を大きくしてしまうこともありますので、基本的な知識についても触れています。

修理費用を節約したい!トイレの水漏れ修理をお得にするための方法を解説!

修理費用を節約したい!トイレの水漏れ修理をお得にするための方法を解説! トイレの水漏れと言っても、タンクの中でポタポタと滴が落ちるような音がしている場合もあれば、便器に水を流したときに、いつまでも水が止まってくれない場合もあります。
さらに便器の周りに水たまりができていたり、給水管のつなぎ目から水漏れが発生している場合もあります。
トイレのどの箇所からどのように水が漏れているのかによって、修理の方法も変わってきます。
自分で修理をすればかなりお得になるのは間違いないのですが、そのためにはある程度の知識と技術が必要です。
必要な工具や部品などはホームセンターやネット通販などで手に入れることができますので心配はいりません。
型番を間違えないように注意することと、力まかせに行って他の箇所を壊してしまわないように、慎重に進めて行くことが大切です。
修理の前には止水栓を閉めることを忘れないようにしましょう。

トイレ本体から水漏れしている際の修理方法

トイレ本体から水漏れしている際の修理方法 万が一トイレから水漏れしている場合には、場所により修理方法が異なります。
まずはトイレのどこから水が漏れているのかを確認することが求められます。
その中で本体から水が漏れている場合には、ヒビが入っていて漏れ出していたり、排水ソケットの継ぎ目から漏れているかのどちらかと言えるでしょう。
もしも床の接地面が濡れていれば、本体に原因があると考えられます。
本体からの場合には排水ソケットを交換しなければなりません。
もしもヒビがあるのがわかったら、応急処置として防水テープを貼り付けることもできますが、根本的な解決には至りません。
また便器から漏れ出していたとしても、原因がタンクにあることも多く見られます。
便器自体の修理は時間も交通もかかってしまうので、ソケットを交換する前に、解消法を試してみるのが良いでしょう。
水漏れが給水管を伝え確認できるのであれば、タンクとの接続部分のパッキンの劣化が考えられます。
止水栓を閉めたらタンクと給水管の連結を外します。
連結部分にはパッキンがあるので、これを新しいものと交換しましょう。
元に戻すことで解消される可能性も高まります。
とはいえこのような方法は素人ではなかなか難しいということも多いので、自分では自信がないという場合には、業者に依頼する方法が一番と言えるでしょう。

トイレの水漏れは水道料金に関係してきます

ほとんどは水洗トイレを使っていますが、前にトイレの水漏れがあるとかなりの量が排出されてきます。
気づいたときは専門業者にお願いするのがいいですが、自分でとなると水道の元栓をしっかりしめてから業者さんを呼んでください。
そのまま放置しておくと水はたくさん出て水道料金がかなり上がります。
トイレだけではなくどこかに水漏れがあれば時間とともに排出されて、水道料金のメーターが上がってきますからだいだいは気づきます。
そのようなことから数年に1回は検査をしたほうがいいかもしれません。
水をそのまましていると、後にくだんのような大変なことになり、後悔しきれないことになります。
日常生活において、このようなことは今後もたくさん出てくるでしょう。
自分でしっかり管理していくのが良いのです。
生活における水は大切ですから資源の無駄がないようにしましょう。
他にもいろいろ点検することは多いかもしれません。自分が念をいれておくことです。

トイレの水漏れの水道代の費用免除の事例について

トイレの水漏れの際にかかった水道料金の費用は免除されるケースがあるので、状況を報告や相談できるようにしておくことが重要です。
気が付かない小さな水漏れの場合、水道料金が高額になって気が付くことがあります。
多少の金額アップでは気が付かずに、トイレの状況が悪化して大量に漏れていきなり費用が高くなるケースもあるのです。
この場合は、さかのぼって合算すると高額となってしまいます。
よくあるのが賃貸の事例です。この場合故意でなく物件が原因ならば家主に請求することが可能となります。
ただし、修理料金も請求することが可能ですが指定業者を選定する必要があるため、契約不動産に相談することが先決です。
つぎに、自治体の配管が悪い場合です。自治体の管轄領域の水道設備が原因であれば請求することが出来ます。
この場合は、水道局や市役所に相談することが重要となるのです。
インターネットなどでもこうした事例やノウハウは学べるため、参考となります。

トイレで水漏れが起きた際には修理には必要なアイテムがあります

トイレで起きやすい問題には水漏れがあり、どのようなトイレでも経年劣化によって後に起きてしまうことは完全に避けることは難しい傾向にあります。
既に漏れている場合jでは修理する際には必要なアイテムはあり、まずは6角スパナと大きめなプライヤー、手動式でも良いのでドライバーも必要になる事例はあります。
漏れている箇所が床面の場合は給水管と接続をしている給水タンク側の配管との接続部に問題がある可能性があるので、6角レンチを使って接続部を外してからゴムパッキンの交換やシールテープの巻き直しで解決できることは多いものです。
漏れている場所が便器内であれば給水タンク内に問題がある可能性が高いので、各パーツを点検した際にはボールタップに問題があれば、プライヤーで外してパーツ交換をする方法で修理は済ませられます。
必要なアイテムの中でもドライバーに関してはネジを用いているパーツがあれば交換する際に必須となり、破損しているパーツを簡単に交換できるようになります。

トイレの水漏れの修理時間はどの程度なのか

トイレに水漏れが生じると生活に影響が出るため、できるだけ早くに修理してもらいたいと考えます。
修理時間はどの程度の修理が必要かによって異なっていますが、部品交換だけであると30分から1時間程度で終わることが多いです。
ですが、トイレの床と便器の隙間から漏れている、排水パイプなど排水に関する部分から水漏れが生じている場合は、便器を一度取り外さなくてはならず、原因を特定しなくてはならないので、最低でも3時間ほどかかります。
水回りの中でもトイレ部分は特に時間がかかる個所であり、便器を外す必要があると簡単にもとに戻すことは難しく、配管や修理、交換を行うとなると2日程度はかかります。
これは修理場所によっては壁紙を取り外さなくてはならないこともあるからです。
パッキンや便座の交換、ウォシュレットの交換だけであると1時間程度ですが便器本体を変えるとなると機種により、約8時間ほど必要となることも多く、時間に幅があります。

トイレの水漏れトラブル事例についてのいろいろ

トイレの水漏れトラブル事例で一番多いのが、水が止まらずに床に流れ落ちることです。
これは水の排出量に故障があるため、流れ続けることになっています。
床に流れ落ちると、別の部屋に流れていき、衛生的によくないことは確かであります。
そのためすぐに水道の元栓を閉めて業者さんを呼んでください。
トイレは毎日からならず使いますから、常に点検が必要であることは間違いないです。
水漏れはいろいろ最悪な環境を作ってしまいますから、このようなことにはしっかりとして管理が必要になります。
トイレの造りは見た目と違って案外複雑ですから、素人が勝手にやってしまうと余計に故障を進めてしまいますから注意してください。
故障をするようであれば改装するという方法もあります。
いわゆる新品に買え替えるということになります。
お金に余裕があればそのようなことをして良いかもしれません。
そのあたりは家族でよく話し合ってもらうといいでしょう。
家族全体で議論するといいかもしれません。

トイレの水漏れを放置することで起こるトラブル

自宅のトイレが水漏れした状態で放置を続けることで起こる、トラブルの一つがカビの繁殖です。常にトイレ内が水でぬれている状態になることで湿度が上昇し、カビが発生しやすい環境になります。 戸建て住宅の建材として使用されることの多い木材は水に弱く、長期間の放置で腐ってしまうケースも少なくありません。目視では確認しづらい床下の木材が知らぬ間に腐ってしまったことで家全体が傾くという事例もあります。 マンションを始めとした集合住宅で考えられるトラブルが、近隣への被害拡大です。浸水が階下にまで及び、住人からのクレームで初めて異変に気が付くこともあります。被害が拡大した場合、トイレの修理費だけでなく、迷惑をかけた階下の住人宅の弁償もしなくてはいけません。水漏れのトラブルが起きると流れが悪くなったり、水量が減るなどの変化が起きます。少しでも違和感を覚えたら、早めに専門の会社に依頼をして確認してもらうことが大切です。

トイレの水漏れは便器で発生することもある

トイレのトラブルでは、水漏れも多く報告されています。放置していると床が傷んだり、水道代が多くかかったりすることになりますので、まずはどこから漏れているのかを調べてみましょう。 トイレの水漏れでは便器から発生していることも珍しくありません。陶器はとても丈夫でめったに割れないものですが、硬いものをぶつけてしまうと割れることもあります。衝撃を与えていないつもりでも、地震の影響でひび割れが発生することもあるといわれています。このような場合は、交換が必要になりますので早めに対策を考えておきたいところです。 それから、本体が破損していない場合タンクと便器の間にあるパッキンが劣化することで水が漏れることもあります。このほかでは、シャワートイレの故障で漏れが発生している場合もありますので、そうした部分もしっかりチェックすることをおすすめします。 さらにトイレ本体と床の間から水が漏れている場合は、フランジパテの劣化も考えられます。いずれの場合もDIYでは対処が難しいことも多くなっていますので、信頼できる業者に相談してみましょう。

トイレのパイプからの水漏れの原因と修理法

トイレの毎日頻繁に使用する水まわり箇所のため、各部位のパイプから水漏れトラブルに遭遇する可能性は低くはありません。不具合が起こりやすいのは、タンクから便器への接続部分・給水管と止水栓の接続部位・止水栓自体からの漏れなどが代表的です。各部位ではナットが使用されていることが多いわけですが、経年劣化で緩んでくることが水漏れの原因となっていることが多いといえます。それほど深刻でなければ、モンキーレンチで締め付けることでトラブルを解消させることが可能です。ただしトイレはそれ自体さほどの空間がなく、工具を差し入れるにも事実上の制限があります。 ミニサイズのモンキーレンチを用意したほうが、小回りが利き締め付けやすいかもしれません。 この作業をするときは、万が一の場合に備えて止水栓をとめておくのがおすすめです。止水栓はハンドルタイプとマイナス溝方にわかれます。ハンドル仕様なら手でまわすだけですがマイナス溝型ではマイナスドライバーが作業には必要です。

トイレの水漏れ、タンク内のトラブルでお困りの方へ

毎日使用しているトイレの水漏れや洗面所、キッチンにおけるタンク内のつまりなど、水回りのトラブルに見舞われてどのように対処すればよいのか困ったことはありませんか?水回りのトラブルが発生してしまうと、水の使用量が上がって水道代が高くついてしまったり、床や周りの家具まで被害を及ぼしたりしてしまうこともあるでしょう。そんな緊急時に速やかに対応するべきことと便利なことについて紹介します。速やかに対応すべきことは、トイレなどの止水栓や元栓を止めることです。見栄えの観点から見つけにくい場所にあるかもしれませんが、水漏れの対処には重要です。便利なことについては、24時間365日年中無休で営業している水道修理の業者に依頼することです。近年では、スマホで簡単に見積もり、依頼ができる業者も多くあります。突然のトラブルが発生した際に、無理に自分で対応するのではなく、プロにササっと依頼するのはどうでしょうか。迅速に対応してもらうことができ、トラブルもすんなり解決するでしょう。

トイレが急に水漏れしてしまう原因について解説

トイレは毎日何回も繰り返し使用することが多い場所なので、定期的に点検をしておかないと急に水漏れが起きてしまう場合があるので注意が必要です。 なぜトイレで急に水漏れが発生してしまうのかと言うと、その原因のほとんどがつまりだと言われています。 とくにつまる原因としては、トイレットペーパーを大量に使用したことによって便器の奥深くに深刻なつまりが発生してしまい、上手く流れないことで便器自体が圧迫されて水が逆流してきてしまうことがあるのです。 一度このような状態になると自分の力だけではなかなか対処できなくなってしまうので、ポンプを利用しても解消されない場合には早めに業者に依頼して修理してもらうようにしましょう。 家族みんなで出来る対処法としては、水をこまめに流すように心掛けること、大量の便をしてしまった後にはつまらないように棒などで奥まで押し込むこと、紙の使用を多めにしないように注意することなどがあります。

便器に流れるトイレの水漏れも長く続けば水の無駄遣い

タンク内の不具合でトイレの水漏れが止まらなくなることがありますが、この場合は便器が受け皿になっているので特に修理せずに放置しておいても大丈夫、このように考える人も多いのではないでしょうか。
しかし、少量の水も時間の経過とともに量が増えることになりますし、1日中流れ続けるとかなりの水を流し続ける計算になり無駄遣いになります。
仕事で忙しいときにはとりあえず、止水栓を閉じておいてトイレを使うときにそれを開ける、そして余裕ができたときにタンク内を覗いて外れている部品がないのか、それを確認して外れているものが見つかったら正常な状態にすれば修理完了です。
中には、経年劣化で部品が使い物にならなくなるケースもありますが、ホームセンターに行けば同じものを購入できることもあるためDIYでの修理も可能です。
なお、どうしても自分で修理する時間がない人は修理業者に頼めば対応してくれますが、業者により料金が変わるため見積もりを依頼して金額の比較を行った上でトイレの水漏れ修理を依頼しましょう。

トイレの水漏れ修理をする前の応急処置には何がある?

水回りのトラブルは緊急を要することもあるため、修理業者の中には24時間出張修理を行っている会社も少なくありません。
この場合、真夜中に依頼すると深夜料金などが発生しますがトイレの水漏れをいち早く直したいときなど役立つ存在になってくれることでしょう。
トイレタンクから流れる水が止まらない、給水管の接続箇所付近から滲むように溢れてくるなどそのままにしておけば無駄に水を流してるのと同じことになりますので、直ぐに修理ができないときは応急処置として止水栓を閉じておくと良いです。
ただ、止水栓よりも元栓側で漏れている場合は元栓を閉じなければ意味がありません。元栓を閉じてしまうと家中の水を止めることになるため、浴槽に水をためて置いたりペットボトルやきれいなバケツに水を汲んで調理などに使用するなど事前の準備も行っておくと安心です。
ちなみに、トイレの水漏れに対する応急処置は修理する前段階による処置になるわけですから、業者に頼むもしくは自分で修理するなど早目の対応が大切です。

タンクの構造や部品の役割を理解すればトイレの水漏れ修理も可能になる

トイレの水漏れの多くはタンク内の不具合によるもので、構造を把握しておけば比較的簡単に修理ができることもあります。
タンクについているレバーを回転させるとチェーンが引っ張られて、その先にあるフロートバルブを開けて便器に水を送り出します。
フロートバルブはタンク内の水がなくなると水圧で元の位置に戻ります。タンクへの給水をコントロールしているのは、水面に浮かんでいる浮き球で、その先にはバルブが付いていて水位が下がると栓が開いて給水を始め水位が満タンに位置に戻ると栓は閉じるメカニズムです。
フロートバルブが故障したり浮きやバルブなど部品に不具合が生じるトイレの水漏れが起こりますが、これらが原因になっている場合は便器に流れる水は止まりません。
便器に流れ続ける原因がどこにあるのか、タンクが原因だと考えたときその構造を理解できているとある程度推測ができますし、蓋を開けて確認すればその原因を究明する手掛かりにもなるわけです。

トイレの水漏れは多くの事例で部品交換で直せます

トイレに水漏れが起きてしまい、古くなったことを原因として新しくリフォームすることを検討する方も大勢存在しています。
もしも既に節水型のトイレを完備しているのであれば、ロータンクの中を確認して部品交換だけで直せる事例は非常に多いので、安く済ませることは十分に可能な範囲です。
ロータンクに手洗いが付いていれば、少しだけ蓋を開けて接続パイプを外してから蓋を外す作業が必要です。次に底部にある黒色のフロートバルブの点検、ボールチェーンの点検、浮き球の点検を行い、漏れている原因を特定することが一連の流れです。
この3つの箇所で何ら問題が無い場合では、給水管と接続をしているボールタップの故障を疑うことが基本です。
ボールタップの故障では垂直上に設置されているオーバーフロー管という樹脂製のパイプの規定ラインを超えて水がタンク内に入り込んでいることが前提にあるので、確認としては分かりやすいパーツです。
ボールタップには水位を調節するネジが付けられているので、回すことで直せる可能性はありますが、破損している場合ではお近くのホームセンターで同一のボールタップを購入し、部品交換するだけで完璧に治せます。

賃貸の部屋でトイレの水漏れが起きたときは止水栓を閉じて大家さんに連絡

キッチンの水漏れは蛇口付近から漏れるものもありますが、中にはシンク下の排水管の接続箇所や排水トラップの隙間などから漏れることもあります。
この場合は、シンクの下側にある収納を開けると漏れているのか否かを確認できますが、症状が進行していると収納庫から床の上に流れてくるなど、その時点でキッチンの水漏れが判明することも少なくありません。
アパートやマンションなどの部屋に住んでいる場合は、下の階に流れてしまうこともあるので早急な対応が必要ですが賃貸の部屋に住んでいる人は直接業者に連絡するのでなく、管理会社や大家さんなどに連絡して状況を説明します。
直接やり取りするとトラブルが起こることもあります。ちなみに、トイレで発生したものなど自然に生じたトラブルなどの場合は借主は費用負担する必要がないので事前に大家さんや管理会社などに連絡すれば余計な出費を払うことなく修理して貰えます。この場合は、トイレやキッチンの止水栓を閉じるなどの応急処置が大切です。

トイレのつまり専門サイト

トイレ つまり 宗像市
佐賀県の水漏れ修理おすすめ業者比較

新着情報

◎2023/12/26

情報を更新しました。
>便器に流れるトイレの水漏れも長く続けば水の無駄遣い
>トイレの水漏れ修理をする前の応急処置には何がある?
>タンクの構造や部品の役割を理解すればトイレの水漏れ修理も可能になる
>トイレの水漏れは多くの事例で部品交換で直せます
>賃貸の部屋でトイレの水漏れが起きたときは止水栓を閉じて大家さんに連絡

◎2023/4/17

情報を更新しました。
>トイレの水漏れを放置することで起こるトラブル
>トイレの水漏れは便器で発生することもある
>トイレのパイプからの水漏れの原因と修理法
>トイレの水漏れ、タンク内のトラブルでお困りの方へ
>トイレが急に水漏れしてしまう原因について解説

◎2022/6/21

情報を追加しました

> トイレの水漏れは水道料金に関係してきます
> トイレの水漏れの水道代の費用免除の事例について
> トイレで水漏れが起きた際には修理には必要なアイテムがあります
> トイレの水漏れの修理時間はどの程度なのか
> トイレの水漏れトラブル事例についてのいろいろ

◎2021/11/30

サイトを公開しました